ロコモティブシンドローム

おはようございます。

今回は、ロコモティブシンドロームについて!

 

ロコモティブシンドロームという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

まずは、ロコモティブとは「運動の」という意味や「機関車」という意味がありますが、

能動的な意味合いをもつ言葉で、「運動器」は広く「人の健康の根幹である」という考えを背景とし

「年齢」に否定的にイメージを持ち込まないことが必要と考えられ選んだものです。

 

運動器って?

運動器とは、骨・関節・靭帯・脊椎・脊髄・筋肉・腱・末梢神経等、体を支え、動かす役割をする

器官の総称です。

 

ロコモティブシンドロームってなに!

ロコモティブシンドローム(運動器症候群)とは、「立つ」「歩く」など人の動きを

コントロールするための体の器官や組織、骨や関節、筋肉などの働きが衰える(>_<)

または、衰え始めている状態のことです。

放っておくと、日常生活に支障を感じたりさらに寝たきりや、要介護状態になる危険性がある

状態になってしまうこと、略して「ロコモ」という呼び名で近頃注目を浴びている言葉です。

 

ロコモティブシンドロームになりやすい人

日常的に体をあまり動かさず、筋肉の衰えに無関心な人ほどロコモティブシンドロームに

なると言われています。

「腰や膝が痛くなったり、歩けなくなるなんて自分にはまだまだ関係ない」と思っていませんか?

体力が落ちてくるのは、40代!! 運動器の痛みや障害が急増するのは、50代!!

また、転倒時の骨折のリスクも高くなり、骨折からの運動量低下、筋肉量減少に繋がっていく

悪循環を防ぐため健康な骨を維持する事が必要です。

今からでも遅くありません!

身体の仕組みを知り、是非ライフスタイルを見直して気持ちよく動かせる身体を

生涯キープしていきましょう。

 

馴松

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です