前回の続きで 今回は調査の説明をします

申請書類による受付が完了したら、今度は 調査員による訪問調査が行われます。

聞き取りによる暮らしぶりや現状について確認され、どの程度の介護が必要かを

判断される調査です。

調査員とは、市区町村の担当職員、あるいは委託を受けたケアマネジャーが

伺う事となります。

ケアマネジャー(介護支援専門員)とは?

要介護者や、その家族からの相談に応じ適切なサービスが受けられるように、

ケアプランを作成したり、関係機関との連絡や調整を行って下さる方の事です。

調査は、いつ、どこで、行われるのか?

市区町村から訪問調査の日時に関する連絡があり、希望の日時と場所を伝えましょう。

どんな調査をするのか?

介護の対象となる方の身体機能、認知機能などに関する聞き取りを行います。

又、ご家族には普段の様子などを確認します。

調査前に準備することは?

普段の様子をメモしておく。

調査時、普段は出来ない事が出来てしまったり、出来ない事を「出来る」と

言ってしまったりする事があります。

普段の状況を正確に伝え、正しく判定してもらうためにも調査の際は、

できるだけ同席し、間違ったことを言っても後で訂正できるように

普段の様子をメモして把握しておきましょう。

体調管理に気を付けましょう。

正しく判定をしてもらう為にも、体調が良い時に行うことが大切です。

体調が悪かったり、あまりにも普段と様子が違うと調査日を延期するケースも

あるので注意しましょう。

調査が終わったら審査、認定の流れになります。

次回は審査から認定されるまでを、お伝えします。

和田

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です