腸内環境を整えて健康な毎日を!

腸内環境を整えて健康な毎日を!

院長の野木です。今日はお腹の健康とケイ素の関係についてお話させていただきます。

食物繊維は消化吸収しにくくお通じをよくするというのは有名ですが、さらに腸内細菌を刺激し、善玉菌の活動を活発にする働きがあります。
善玉菌が増えて腸内環境が整えば、腸管の免疫細胞も活性化し、間違いなく免疫力も高まります。

このいいことずくめの食物繊維、免疫力を高めるためにも毎日積極的に摂取したいものですね!しかいこれがなかなか難しいんです。

日本人が1日に摂取すべき食物繊維の量は25~30グラムと言われています。
調査によると、実際はその半分くらいしか食べていないそうです。

食品でいえば野菜、海藻、豆製品、全粒穀物などが上げられますが、多忙な現代社会ににおいてこれらのバランスを考えた料理をするのはとても手間です。
食物繊維は、植物の細胞壁を形作っている物質でありますが、ケイ素がコラーゲン等の構造の柱となっているため、ケイ素によって食物繊維がより働きやすい状態にする事が出来ます。

食べ物から食物繊維を必要な量摂取するのが難しい場合は、ケイ素を摂取するのもいいかもしれません。
ケイ素は、量的には少なくても食物繊維の要であり、その働きを強化します。

ただし珪素は、吸収性を考えると水溶性でなければなりません。
水溶性のケイ素は腸内で他の食物繊維の働きを助け、腸内環境を整えて免疫力を上げることができます。
水溶性ケイ素をしっかり摂取し健康的な毎日を過ごして下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です